LED照明機器設計のための計測とシミュレーション

LED照明機器設計へのシミュレーション/測定器の活用

照明機器の光源として既にLEDは広く普及しています。現在は製品として成立させるだけでなく、LEDを活かした効率的な配光が求められています。LEDの特性を理解し、照明目的に適した設計をすることで、商品力をつけることが市場で優位に立つ近道です。

世の中には、光に関連した様々な製品があります。オフィスなどを照らすインテリア(室内)照明、道路やスタジアムなどを照らすエクステリア(屋外)照明、液晶ディスプレイやヘッドランプなど多種多様です。それらは、仕様を満たすための専用設計がなされています。照明機器には照明機器に求められる設計が必要です。
これを実現するためには、シミュレーションを使いこなし、正確な計測を行うことが重要です。

道路照明設計を例としたシミュレーション/測定器の有効利用

本事例では、街路灯の照明設計の流れを追いながら、シミュレーションと測定器を有効利用する方法をご紹介します。照明機器の開発にシミュレーションや測定器を利用しようと考えた場合に、以下のようなたくさんの疑問が生じると思います。

  • 光学シミュレーションソフトにはどんなものがあるのか?
  • 照明目的を達成する設計手法にはどのようなものがあるのか?その手法は光学シミュレーションソフトで行えるのか?
  • 測定器にはどんなものがあるのか?どんな物理量が測定できるのか?
  • 測定器で測定したデータは開発においてどのように役立つのか?
  • シミュレーションで熱を扱う手段にどんなものがあるのか?

本事例はこれらのような疑問に答える内容になっています。シミュレーションや測定器の導入を検討いただく際に、開発フローにおける効果と技術的な詳細を俯瞰いただけます。




(1)本事例で作成したLED照明機器の一例



(2)複数のLED照明機器を並べた場
合の性能を確認している様子

資料サンプル

本資料をおすすめの方

  • LED照明機器の開発に関わっている方
  • シミュレーションや測定器を活用したLED照明機器開発にご関心のある方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

自由曲面レンズ/リフレクタ設計支援ソリューション
散乱測定ソリューション事例〜散乱特性の測定から光学シミュレーション結果取得の手法について〜
光⇔熱のマルチフィジックス解析〜光を起源とする熱変形を考慮〜

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ