まぶしさ感などの知覚的効果も反映した自動車照明のレンダリング

光学ツールを使用したレンダリングの重要性

自動車用照明におけるスタイリングは、自動車の印象やブランディングに寄与する要素として、近年ますます重要性が増しています。
複雑な形状や表面仕上げが駆使されるようになり、開発プロセスにおいてスタイリングの検討回数が増えたため、正確な結果を素早く得られることが重要になります。また色順応、暗所視、眩しさ感といった知覚的効果を考慮することも大切です。
光学ツールのレンダリングによる見栄えの確認は、短時間に様々な設計案を知覚的効果も反映しながら比較できる、実践的なソリューションです。

LucidShapeのレンダリングの強み

自動車用照明設計ソフトウェアLucidShapeは物理学に基づく正確なレンダリングを高速に行えることが強みです。
本事例の前半部では、レンダリングの正確さ、速さの根幹となっている、LucidShapeの機能を具体的にご紹介します。
後半部では、ランプ単体だけでなく、車体に搭載された状態をLucidShapeでレンダリングした例をご覧いただけます。
レンダリング画像に知覚的効果を付与できるHuman Eye Vision Image機能を使用した例も含まれており、高輝度の発光体を見た際に感じる眩しさ感を再現した様子もご確認いただけます。

概要画像




(1)  環境光源を併用した発光レンダリング画像


(2)Human Eye Vision機能にて、
レンダリング画像に眩しさ感を付与した様子

『資料サンプル』の追加

本資料をおすすめの方

  • 自動車用照明の設計、デザイン、管理に関わる方
  • 製品のリアルな見栄えを試作レスで確認されたい方
  • 製品デザインについて、手戻りの少ない方法で部署間、会社間のコミュニケーションを行いたい方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

光学設計ツールを用いた自動車照明設計のフィジビリティスタディ
CATIAに対応した、車載用ライトガイドの自動設計ソリューション

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ