LiDARにおける波長と車体材料の影響

LiDARシステムにおける車体塗装の違い

LiDARシステムでは前方を走行する車体へ近赤外領域の波長レーザーを照射し、反射した戻り光を受光して、距離を測定しています。このため、車体の塗装面の散乱反射特性は測距精度に大きな影響を与えます。また、照射する波長の違いによって反射散乱特性が異なる塗装面もあります。あらかじめ、近赤外光に対する塗装面の散乱特性を把握しておくことは、LiDARの測距性能を保つには非常に重要です。

散乱測定器REFLETと照明設計ソフトウェアLightToolsを使用したシミュレーション

本事例では、実際に車体に使用される塗装面を、LiDARシステムで使用する複数の近赤外波長で散乱測定し、その測定データをシミュレーションモデルに設定して、受光できる信号に違いについて検証しています。
散乱測定器とシミュレーションを組み合わせて使用することで、実機で発生するLiDARの受光性能の低下を事前に予測することが可能となります。




(1) LiDARシステムにおける前方車へのレーザー照射の再現



(2) 前方車の車体塗装面の散乱反射測定例

使用したシミュレーションソフト:
照明設計解析ソフトウェア LightTools
高精度散乱測定器 REFLET

『資料サンプル』の追加

本資料をおすすめの方

  • LiDARの開発に携わっている方
  • 車の塗装の研究開発に携わっている方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

高精度散乱測定器REFLETによる黒部材測定資料
LiDAR(レーザーレーダー)のためのTime of Flight(TOF)解析事例


 


お問い合わせ