スマートフォン用小型・薄型カメラレンズの設計

小型カメラ開発における課題

スマートフォンや医療機器などに搭載されるカメラは薄型・小型・軽量である必要があります。
それらを設計する際に、非球面プラスチックレンズの採用は欠かせません。
しかし、これらは厳しい環境での使用も想定されるため、製造誤差や温度変化の考慮は必須です。
そういったものの設計には、多くの時間を要してしまいがちです。

小型カメラ設計の光学ソリューション

本資料では、光学設計解析ソフトウェアCODE Vによる小型カメラ設計の課題を解決する方法を紹介しています。
強力で高速な自動設計機能により、光学系の面形状や材質の最適な設計解を探し出すことができます。
製造性や耐熱性を考慮した効率的な設計も可能になっています。
様々なタイプの非球面が用意されており、誤差に強いものも導入されています。




(1) 自動設計の様子



(2) 最適解探索のイメージ

使用したシミュレーションソフト:
光学設計解析ソフトウェアCODE V

本資料をおすすめの方

  • スマートフォン、車載用、医療用、監視用など小型カメラの設計をお考えの方
  • 製造性・耐熱性を考慮した設計を効率化したい方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

車載カメラ(魚眼レンズや超広角レンズ)の設計・評価に有効なCODE Vの機能
静止画および高精細動画の撮影まで対応したデジタル向け交換レンズの設計


 


お問い合わせ