ドライバーモニタリングシステム(DMS)の設計の効率化

ドライバーモニタリングシステム(DMS)の設計における課題

運転者が安全に自動車の運転をしていることをシステムで常に監視するためのドライバーモニタリングシステム(DMS)が成長中の分野です。
DMSは人の安全に関わる重要な部品なので、製品の信頼性を考慮して設計開発しなければいけません。
その分開発にコストや工数がかかる分野でもあります。

ソリューション概要

本資料では、光学設計解析ソフトウェアCODE VによるDMS設計に必要なシミュレーション機能をご紹介しております。
製造性・量産性の良し悪しを確認するためのシミュレーションを行うことで開発におけるコストや工数を抑えたDMSの設計開発を手助けします。
一般に光学製品の製造では組み立て誤差による製品性能のばらつきが生じます。
自動車運転の安全性を考えると、DMSでは特に注意しなければいけない点です。
CODE Vではこの製造性確認シミュレーションを高速に行えるので、効率良く設計開発の中にこのシミュレーションを取り込むことができます。




(1) 累積確率プロット 

使用したシミュレーションソフト:
光学設計解析ソフトウェアCODE V

本資料をおすすめの方

  • 広角・魚眼カメラの設計開発に携わっている方
  • 樹脂(プラスチック)レンズを使用した光学系の設計をされている方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

ドライバーモニタリングシステム(DMS)の設計


 


お問い合わせ