ロバスト性を考慮したLED光源の取り付け位置最適化
〜自動車用照明の最適設計ソリューション〜

概要

ヘッドランプの高性能化に伴い設計が複雑化している一方、安全評価に関して準拠すべき法規が増加しています。特にLED光源の取り付け位置は、配光性能に大きく影響するため十分に検討する必要があります。
自動車用照明設計ソフトウェアLucidShapeは、指定したLED光源の取り付け位置に対する配光性能を算出することが可能です。 LucidShapeと最適設計支援ツールOptimusを組み合わせることで、ロバスト性を考慮した上でLED光源の取付位置の最適化を行った事例をご紹介します。

使用したシミュレーションソフト:
自動車用照明設計ソフトウェアLucidShape
汎用型最適設計支援ツール Optimus

資料サンプル


本資料をおすすめの方

  • LucidShapeで公差解析を検討されている方
  • 車両用灯具の位置ズレの影響を解析したい方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

光学設計ツールを用いた自動車照明設計のフィジビリティスタディ
光学設計ツールを用いたヘッドランプ設計手法事例


 


お問い合わせ