化粧後の肌の見栄えシミュレーション

肌の見栄えシミュレーションにおける課題

一般的に化粧品開発は材料となる粒子を試作し、人工皮膚などに実際に塗布するなどして評価しており、その開発には時間がかかるとされています。また化粧後の見栄えをシミュレーションするためには、表皮、真皮など肌の光学特性や化粧品自体の粒子における光散乱特性などを正確に再現する必要があります。しかしながら、これらの材料の光学特性情報の取得は難しく再現性の高いシミュレーションが困難であるという課題があります。

光線追跡を用いた化粧後の見栄えシミュレーション

照明解析設計ソフトウェアLightToolsにはあらかじめ表皮や真皮など生体に関する光学情報が材質ライブラリに含まれています。更に、Mie散乱といった微粒子による光散乱現象も取り扱えるため、化粧品に含まれる粒子で起こる光散乱を再現可能です。 本資料では肌の材質データを利用して肌のキメ構造をモデリングし、化粧品として酸化チタンを塗布した際の肌の見栄え変化について紹介しています。


(1) 肌内部に透過した光線の挙動
(肌材質データに含まれる粒子情報で光が
散乱されることが分かります) 

(2)化粧品前後の見栄えシミュレーション結果比較
モデリングされた肌の見栄えをシミュレーションした結果と、
顔料として酸化チタンを塗布した後の
見栄えシミュレーションの結果比較です。

使用したシミュレーションソフト:
LightTools

資料サンプル


本資料をおすすめの方

  • 化粧品開発に携わっている方
  • 生体に関する光学シミュレーション興味がある方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

光線追跡計算によるヒト皮膚モデルの分光反射率シミュレーション
光伝搬モンテカルロ法を基礎としたヒト皮膚モデルにおける光線追跡計算


 


お問い合わせ