メタレンズ構造の効果的な設計とシミュレーション技法

本資料をおすすめの方

  • メタレンズの研究や開発、設計を担当されている方
  • 電磁光学的手法でより高度な研究に取り組まれたい方

概要

メタレンズに対する効果的なシミュレーション手法について説明した資料です。 ナノ構造解析のための厳密なFDTDまたはRCWA法と、自由空間伝播解析のための効率的なBPMまたはBSPアルゴリズムとの組み合わせについて紹介しています。


資料サンプル

使用したシミュレーションソフト:
RSoft Photonic Device Tools
CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ