散乱測定ソリューション事例
〜散乱特性の測定から光学シミュレーション結果取得の
手法について〜

概要

昨今、照明シミュレーション(LightTools, LucidShapeなどを利用)において、散乱測定データ(BSDF)を用いることが一般化してきております。
その理由として、物を製造した後は、『明るさ、色合い、色ムラ、光沢、拡散、形状』などを指標をした定量評価が必要となり、この際、散乱設定『どの方向に、どの強度で拡がるか』を正しく行うことが、定量評価の結果に大きく影響するためです。

そこで本資料では、実際は入手困難な散乱分布の情報を測定により取得する方法と、照明シミュレーションへの具体的な適用方法をご紹介しています。
部材の表面の仕上げの仕方、光が当たる角度や方向などにより散乱分布は変化します。 この表現に仕様情報のみではなく、製造誤差も含めた測定データを利用することで、どのくらいの差が発生するかを拡散板のシミュレーション結果でご確認いただけます。


(1) 拡散板の照度分布と光度分布の例

(2) 拡散板の光学モデルと光線の振る舞いの例

資料サンプル


本資料をおすすめの方

  • 光学シミュレーションの精度向上するソリューションをお探しの方
  • 散乱特性を取り入れた光学シミュレーション手法をご検討の方
  • など
使用したシミュレーションソフト:
光学散乱測定器
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

光学測定ソリューションによって実現する高精度の照明シミュレーションと実物評価
散乱測定の高速化/自動化による、ヘッドアップディスプレイ開発支援ソリューション

 


お問い合わせ