有機EL設計ソリューション

こんなことで困っていませんか?

  • 膜厚方向に屈折率分布がある材料の測定を行いたい。
  • 屈折率に分布がある材料を使った場合に素子の特性がどのように変化するか見積もりたい。

概要

OPTMは顕微分光を用いた絶対反射率測定により、屈折率を解析できます。
膜の厚みに対して屈折率が段階的に変化する膜も測定することが可能です。


資料サンプル

使用したシミュレーションソフト:
OPTM Series
有機デバイスシミュレータ setfos

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ