エタンデュを用いた光学系の性能予測

照明光学系の設計における課題

近年は照明機器の開発期間が短縮される傾向にあり、要求仕様を達成可能か早期に見極める必要があります。
照明機器の開発においては光源の選択が重要になりますが、照明系は結像系と比較して体系立った理論が設計者に浸透していないため、「過度に高出力な光源を選択して、製品の消費電力が向上してしまう」「出力が足りない光源を選択してしまい、要求仕様を満たせない」といった事実が詳細設計後に発覚するという課題がありました。

照明理論を利用したソリューション

本資料では、光源の性能から光学系の性能限界の予測を行う際に役立つ、「エタンデュ」の概念について、まとめています。
エタンデュの概念を理解することで、不可能な設計に工数を掛けすぎる状況を予防でき、適切な課題に工数を割くことが可能となり、開発期間の短縮に貢献できます。


エタンデュとは
使用したシミュレーションソフト:
照明設計解析ソフトウェア LightTools

資料サンプル

本資料をおすすめの方

  • 照明系の設計に従事されている方
  • 照明理論を活用した工数削減に関心のある方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料と関連する、おすすめ事例

自由曲面レンズ設計と試作事例

 


お問い合わせ