RSoft特別セミナー2019 講演資料 デジタルマイクロミラーデバイス(DMD)の設計

講演者:Synopsys社 Mr. Chenglin Xu

デジタルマイクロミラーデバイス(DMDs)とは

光源から入射した光を照明/投射光学系へと導く微小電気機械システムです。 アレイ上のミラーで構成されておりそれぞれ独立して超高速で動きます。
こういった構造により、入射した光源を投射側や吸収側へ反射させてパネルを光らせたり、投射側への傾き時間を変更することで明暗をつけることが出来るようになります。
これらのデバイスはテレビやヘッドマウントディスプレイ、DLPプロジェクター、測定機など高速に描写内容を切り替えるディスプレイに使用されます。

資料の概要

デジタルマイクロミラーデバイスの概要説明から始まり、シミュレーション条件やツールの設定、各結果を踏まえながらどのようなことがわかるのか?を例を交えながら解説します。

資料サンプル

目次
・はじめに
・DMDのレイアウト
・DMDシミュレーション結果
・結論


本資料をおすすめの方

  • DMDの設計に携わっている方
  • 電磁光学的手法でより高度な研究に取り組まれたい方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ