カメラの迷光解析ソリューション〜機構設計者向け〜

迷光とは

迷光とは、カメラのレンズ鏡筒の内面やレンズ端面などで発生する不必要な光のことです。
迷光は画質・コントラストなどの低下をもたらすため、いかに迷光を減少させるかが「良いレンズ設計」におけるポイントとなります。

機構部に起因する迷光

コーティングによりレンズ自体の不要な反射を抑えられたとしても、鏡筒などの機構部品からの迷光が性能劣化を招く場合があります。
そのためレンズ、機構部品を組み合わせた状態での総合的な迷光解析が必要となります。

迷光対策ソリューション

照明設計解析ソフトウェアLightToolsでは、光学的な知識が十分でない機構設計者の方でも簡単に迷光解析を行えます。
「どこに迷光が出ているか?」「迷光の原因はどの部品か?」「対策の効果はどの程度か?」といった検証が全てシミュレーション上で可能なため、試作回数を減らし、製造や再設計に掛かるコストを削減できます。
また、機構設計者と光学設計者間のデータ授受、ノウハウ共有にかかる時間も短縮できます。


(1) 迷光の経路解析

(2)フィルターを用いた2面間反射の解析

使用したシミュレーションソフト

照明設計解析ソフトウェア LightTools

資料サンプル

本資料をおすすめの方

  • カメラの機構設計をしている方(光学的な知識が十分でない)
  • 迷光対策で苦慮している方

本事例に関連する、おすすめ事例

迷光解析(詳細版)
デジタルカメラレンズシステムでの迷光対策

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ