CATIAに対応した、車載用ライトガイドの自動設計ソリューション

本資料をおすすめの方

  • ライトガイド(導光棒)の設計に携わっている方
  • CATIA V5をお使いで光学設計に携わっている方
  • 金型成立性の高いライトガイドを素早く設計する方法に興味のある方

概要

近年、デザインされた外形に沿って3次元的に曲げられた導光体の側面全体を光らせる光学デバイス「ライトガイド」が広く利用されています。

当社はライトガイド設計を効率化するツールであるライトガイドデザイナー(LGD)を提供しています。 ライトガイドデザイナー(LGD)は照明設計解析ソフトウェアLightToolsや自動車用照明設計ソフトLucidShape CAAに搭載されており、それぞれ特徴があります。

本資料では、成形可能なライトガイド作成に強みを持ち、CATIA上でお使いいただける、LucidShape CAAに搭載されたライトガイドデザイナー(LGD)の設計フローと機能についてご紹介します。各機能の設定画面を解説する構成となっており、見栄えと配光を両立するライトガイド自動設計の一連の流れをご理解いただける内容となっています。

LightToolsに搭載されたライトガイドデザイナー(LGD)につきましては、以下の事例をご確認下さい。
ライトガイド設計品質向上の支援ソリューション 〜光学設計から漏れ光の把握まで〜


LGDで設計されたライトガイド例

CATIA上で設計、評価が可能

使用ツール
自動車用照明設計プラットフォームLucidShape

資料サンプル

キーワード

ライトガイド、ライトパイプ、車載照明、装飾用照明、リング型照明、モデリング、漏れ光対策、CATIA、DRL、シグネチャ、抜き方向、抜き勾配、加工R

『車載照明設計に関連する、おすすめ事例』

ライトガイド設計品質向上の支援ソリューション 〜光学設計から漏れ光の把握まで〜
光学設計ツールを用いた自動車照明設計のフィジビリティスタディ

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ