光学設計ツールを用いた自動車照明設計のフィジビリティスタディ
〜ヘッドランプ/リアランプの開発フローの時間短縮〜

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

本資料をおすすめの方

  • 自動車用照明の設計に携わっている方
  • 自動車用照明の開発を管理されている方
  • 自動車用照明の開発を加速させたいとお考えの方

概要

ヘッドランプやリアランプなど自動車用照明の仕様策定ではランプ見栄えと光学性能の両立性を早期に見極める必要があります。
近年、自動車照明光源のLED化が急速に進み、デザインの自由度が上がってきているため、過去の経験をそのまま使って光学性能の仕様を決めることができなくなってきています。 そのため、詳細設計を行った後に仕様を満たせないことが明らかになり、開発の手戻りが生じることが多かったのではないでしょうか。
本資料では仕様検討段階で素早く、精度の高いフィジビリティスタディ(実現可能性の検討や見栄えの予想)を行う上で有効なツールと、その活用方法について紹介します。


(1) 見栄えのフィジビリティスタディの例

(2) プロジェクターユニットのフィジビリティスタディの例

使用ツール
自動車用照明設計プラットフォームLucidShape
照明設計解析ソフトウェア LightTools

資料サンプル

キーワード

フィジビリティスタディ、ヘッドランプ、リアランプ、車載照明設計、フロントローディング開発

『車載照明設計に関連する、おすすめ事例』

LucidShapeを用いた自動車ヘッドランプの 光学設計/解析/夜間運転シミュレーション事例

 

 


お問い合わせ