ヘッドアップディスプレイ(HUD)が作り出す映像の可視化と評価事例
〜HUDの光学設計から評価をワンストップで実現〜

本資料をおすすめの方

  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)設計/研究に携わっている方
  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)のシミュレーション方法を検討中の方

概要

昨今の自動車には、フロントガラスに速度やルート案内を表示するためにヘッドアップディスプレイ(HUD)を搭載することが一般的になっています。 運転者の視野に必要な情報をまとめて表示する事で視線移動を軽減し、運転中の負担を減らす効果が期待できるためです。

一方で、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の設計は視認性を高める為に高輝度表示を実現する光学システムを限られた空間で設計する難しさがあります。そのため、実際に運転してみると、ヘッドアップディスプレイ(HUD)の光学システムの完成度の低さや、場所や日時など走行環境に起因する予期せぬ映像が視界に入ってしまうこともあります。

そこで、本事例では、次のようなお困りごとに対するソリューションをご紹介しております。

  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)の実装の前に、運転者に見える映像を可視化し、表示の見やすさやグレアを予測し、評価したい。
  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)の内部機構で発生する迷光や、フロントから入る太陽光が与える影響を確かめたい。


(1) CADで設計したモデルをシミュレーションソフトへ統合したイメージ図

(2) ヘッドアップディスプレイ(HUD)の表示画像をシミュレーションソフトを用いて、視界を可視化したイメージ図

資料サンプル

キーワード

光学設計、ヘッドアップディスプレイ、迷光、光線追跡、グレア、設計評価、可視化

本資料と関連する、おすすめ事例

ヘッドアップディスプレイ(HUD)の高倍率化の光学設計事例
散乱測定の高速化/自動化による、ヘッドアップディスプレイ開発支援ソリューション

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ