自動運転に向けたスマートヘッドライトの研究
〜自由曲面設計と照明効果の検証〜

著者: 東京電機大学 中村 友亮 様

本資料をおすすめの方

  • 車載照明設計に携わっている方
  • 自動運転技術の設計/研究に携わっている方
  • 自社で持っている照明技術を車載照明分野に活かそうと検討中の方

概要

各国がレベル3以上の自動運転を目指し、センシング技術や運転技術に関する研究が行われていますが、市街地等で人や自転車と車が交差する場面で、自動運転車の「次の動き」を視覚・聴覚で周囲に知らせる、コミュニケーションの技術については殆ど言及されていません。
自動運転では人が視線や身振り等を用いて右左折や停止などの動作を示すことができないため、事故の発生が懸念されます。
そこで本研究では最低限の機能まで削り、構造を単純化することで、コンパクトかつ低コストで人と車がコミュニケーションをとることができる投影装置を提案します。
その提案にあたり、本事例では、照明設計解析ソフトウェアLightToolsの高度設計モジュール機能を用いて、ヘッドライトの形状を活かした自由曲面のレンズとリフレクターを設計し、短距離投射での有用性を確認した事例と、レンダリング機能を用いて、モデルのシーンをデジタル写真のようにレンダリングし、光源、ジオメトリおよび面特性によって作り出される照明効果を検証した事例の概要をご紹介しています。

(1) 光線追跡のイメージ
(1) 光線追跡のイメージ
(2) LEDライトのフォトリアルのイメージ
(2) LEDライトのフォトリアルのイメージ

キーワード

車載照明、人と車のコミュニケーション、自動運転、レンズ、リフレクター、レンダリング、自由曲面

本資料と関連する、おすすめ事例

自由曲面レンズ設計と試作事例
自由曲面レンズのシミュレーションと実測の輝度比較〜照明設計の精度向上提案〜

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ