CODE V特別セミナー2016 講演資料 静止画および高精細動画の撮影まで対応したデジタル向け交換レンズの設計

講演者: パナソニック株式会社 栗岡 善昭 様

本資料をおすすめの方

  • カメラ用レンズにおける各種設計課題や対策について理解を深めたい
  • 静止画に加えて、動画での設計課題や対策に興味がある

概要

静止画撮影から発展したデジタルカメラ用レンズは、センサーの画素数増加に伴って、高解像に対応した設計が求められてきましたが、最近では動画撮影においても、表示デバイスの高精細化と急速な普及により、高精細動画特有の要望にも応える必要が出てきました。
本資料では、CODE V を活用した、静止画と動画の両方の撮影に対応するハイブリッドレンズの設計方法および評価について紹介します。

キーワード

デジタルカメラ用レンズ、動画対応設計、ハイブリッドレンズ

本資料と関連する、おすすめ事例

デジタルカメラレンズシステムでの迷光対策
使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ