〜空間多重光通信用デバイス〜
数モードファイバー(FMF)用入出力デバイスの解析

こんなことで困っていませんか?

  • 数モードファイバーへの入出力デバイスのシミュレーションツールが無い
  • モードコンバーターの最適構造の検討やトレランスの評価がしたい

概要

RSoftのBeamPROPを利用することでモード変換・結合デバイスのシミュレーションができます。下図の例では異なるポートから入射された2つの基本モードプロファイルの内、右側のポートから入射させた光は高次モードに変換し、左上のポートから出射させるデバイスの解析を行っています。

使用したシミュレーションソフト
光デバイス設計ソフトウェア RSoft

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ