LiDAR(レーザーレーダー)のためのTime of Flight(TOF)解析事例

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

本資料をおすすめの方

  • LiDARの設計/開発/評価をしている方
  • 雨、霧といった天候条件も考慮した設計を行いたい方

概要

自動運転の実用化に向け、物体までの距離を高速で検出するLiDAR(レーザーレーダー)が注目を集めています。 LiDARにはTime of Flight(以下、ToF)という技術が使われており、その原理としては、出射光が物体で反射して戻ってくるまでの時間を測定し、距離を算出するというものです。

そのLiDARの設計に対し、照明設計解析ソフトウェアLightToolsでは、簡単にToFのシミュレーションをすることができ、その際雨や霧といった天候の影響を考慮することも可能です。

本事例では、環境モデリングから結果取得までの一連のToF解析手法についてご紹介します。


(1) 観測環境のモデリング

(2)解析の様子
使用したシミュレーションソフト
照明設計解析ソフトウェア LightTools

資料サンプル

キーワード

LiDAR、レーザーレーダー、Time of Flight、ToF、設計、解析、雨、霧、モデリング

本資料と関連する、おすすめ事例

LiDAR(レーザーレーダー)のシミュレーション手法 〜霧の影響による反射光遅延の検証〜
LiDARの小型化・簡素化と、垂直方向の検知精度向上に活用できるニアフィールド配光測定

 

 


お問い合わせ