光集積回路型LiDAR用デバイスのシミュレーション

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

こんなことで困っていませんか?

  • スプリッターや位相シフターの部分は伝播距離が長いため、FDTD法では計算できない
  • 複数の解析手法を状況に応じて選択できるシミュレーション環境がない

概要

RSoft Photonic Component Design SuiteではPIC(光集積回路:Photonic Integrated Circuit)を設計・解析するための総合環境を提供します。こちらの事例ではLiDAR用ビームステアリングデバイスで必要な2軸(ψ 、θ )のスキャンをそれぞれアレイ導波路上に配置された三角形状ヒーターの温度変化、及び入射光の波長を変化させることによりシミュレーションしています。

使用ツール
光デバイス設計ソフトウェア RSoft

キーワード

波動光学的解析

 

 


お問い合わせ