リング変調器/ラティスフィルタ回路のシミュレーション

現状の問題

シリコンフォトニクスなどでリング共振器やラティスフィルタのシミュレーションをする際には一般的にFullWAVEなどのFDTD法を利用するが、複数の部品が組み合わさった際の影響を見るためにはFDTD法単独では時間がかかりすぎる、解析領域が広いため解析自体が困難であるといった問題があります。

使用ツール
光デバイス設計ソフトウェア RSoft

キーワード

波動光学的解析

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ