〜 LightToolsの最適化に新提案 〜
光線本数の自動調整を考慮した照明設計最適化

こんなことで困っていませんか?

  • 状況  最適化計算ごとに設計変数となる形状や光学特性は変化するため、光線本数が固定のままでは解析誤差も変動する
  • 課題①:解析誤差の変動を小さくするために光線本数を十分に多く設定すると、繰り返し計算が必要な最適化では膨大な時間がかかる
  • 課題②:最適化計算中の解析結果の変化に誤差の変動が含まれ、最適化結果に影響する

概要

LightToolsの最適化では、光線本数は固定して行われます。
しかし、形状や光学特性を変えると光線が受光面に到達する確率が変わるため、同じ光線本数でも所望の解析誤差が満たせていない可能性があります。予め光線本数を多く設定することも可能ですが、解析時間が増加してしまいます。
「LightTools」と最適設計支援ツール「Optimus」を組み合わせることで、解析精度を維持しながら、必要最小限の時間で最適化ソリューションを紹介いたします。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools
汎用型最適設計支援ツール Optimus

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ