ナノレベルの化粧品/スキンケア材の性能評価を快適に実現!
2次元分光器による肌の状態の分光測色ソリューション

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

以下のような課題にお困りの方にオススメです

  • 化粧品/スキンケア材の塗りムラ評価や時間変動評価を分光で行いたい。
  • それらの評価をナノレベル(1nm〜)の分光で実施したい。
  • 測定実施や結果確認を現状よりもスムーズにしたい。
    (多点測定の手間や、評価結果やデータの確認に時間がかかっている)

概要

化粧品やスキンケア材の見栄えに関わる品質測定や評価には、肌上での化粧品の状態を測定・解析する必要がありますが、近年ではナノレベルでの微視的解析までできる事が重要視されつつあります。
また、解析や評価の微視性のみならず、肌の面全体としての色ムラや時間変動、 そして蛍光灯や太陽光下での物体色や見栄えのシミュレーションなど、多様な切り口での評価が必要となりますが、それには測定器の用意のみならず、お求めの評価用途に合わせたデータ変換ツールやデバイス作成なども必要となり、開発や評価に関わる方々の手間となっております。

2次元分光測定器SR-5000は、ナノレベルでの分光評価を1nmから可能な他、面での分光測定が可能かつそれらを確認するインターフェイスを用意しているため、たとえば「時間をかけた多点測定不要」「広域測定で時間変動によるムラも測定可能」「波長域ごとのムラ評価」などを効率よく実施できるメリットもあります。

(1)
2D分光放射計SR-5000
(2)
SR-5000なら任意ポイントの点計測と肌全体の面計測の双方を1台で実現できます
(3)
化粧品を塗布した肌の測定イメージ


本事例に関連する、おすすめ事例資料

小型簡易散乱測定器Mini-Diff V2

高精度散乱測定器REFLET

反射特性の観点から化粧品の評価を行いたい場合は以下の測定器をご検討ください。

微細構造による散乱の波長特性を含めた解析手法

ナノレベルの微細構造を前提とした見栄えや反射のシミューレーションを行う際にご活用いただけます。

・その他の医療・美容分野向け事例をお探しの方はこちらから

資料の構成

  • 2次元分光器SR-5000によって可能になる肌評価と導入によるメリット
  • SR-5000を用いた化粧品評価のサンプル
    - 表色系 L*a*b*の評価
    - 任意ポイントにおける「分光比較評価」
    - 異なる光源下における「物体色シミュレーション」

キーワード

化粧品、スキンケア材、肌の状態評価、ナノレベルでの微視性評価、分光測定、面分光、測色、多様な光源下での見栄えや物体色シミュレーション

使用ツール
2D分光放射計 SR-5000

 

 


お問い合わせ