MOST Optimizer を用いた傾斜型回折格子構造の最適化

こんなことで困っていませんか?

  • 所望の性能をもった回折格子を設計したいが、設計変数が多くすべての条件の組み合わせでは計算量が膨大
  • 設計変数の走査範囲が広く、単純なパラメータスキャンでは時間が掛かる

MOST Optimizer は DiffractMOD や FullWAVE などの RSoft ソルバプログラムと連携し、パラメータの最適化を行うためのツールです。最適化したい結果、評価指標を設定し、変更可能な設計変数を指定することで、Brent法やPowell法、遺伝的アルゴリズムを用いた最適化計算を実行することができます。

キーワード

幾何光学的解析、波動光学的解析、プロジェクター、回折光学系、HMD、ディスプレイ

使用ツール
LightTools
RSoft

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ