散乱測定の高速化/自動化による、
ヘッドアップディスプレイ開発支援ソリューション 〜設計/迷光解析精度向上の為に〜

以下のような課題にお困りの方におススメです。

  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)の照射面上の像に不要な光が表示され、規格に合わせた調整に苦慮している方
  • 要求仕様を満たしているかを実証する為、初期提案時から解析データを求められるが、精度の高い解析に必要な物性値を入手出来ない方

概要

ヘッドアップディスプレイ(HUD)は、運転者の視線を前方からそらすことなく、情報を伝達できる、安全運転支援技術として注目され、近年では搭載車の多様化により、小型化と高品質化の両立が課題となっています。

サイバネットではこれらの要求を満たす開発を促進するための各種光学ツールの拡充を進めております。 本資料では、迷光や散乱の情報を高速かつ自動で測定できるソリューションとして、高精度散乱測定器REFLETを紹介しております。 また、実測データは、照明シミュレーション(LightTools)に取り込む事が可能で、それにより精度の高いシミュレーションを行う事ができます。


(1)高精度散乱測定器 REFLET

(2)散乱光のイメージ

資料の構成

  • ヘッドアップディスプレイ開発における、光の課題
  • 高精度散乱測定器REFLETの導入による効果
  • REFLET製品概要(利用用途/仕様/製品構成)

キーワード

光学設計、ヘッドアップディスプレイ、散乱測定、分光測定、迷光対策

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools
高精度散乱測定器 REFLET

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ