〜LiDARの検知と測距の精度向上のために〜LiDARの小型化・簡素化と、垂直方向の検知精度向上に
活用できるニアフィールド配光測定

一部のみ掲載。詳細はページ下部から資料をダウンロードできます。(黄色ボタンから)

以下のような課題にお困りの方におススメです。

  • LiDARの小型化・簡素化を実現したいが、垂直方向のピッチを荒くすると小さい子供を検知し難くなる、遠くの物体検知の正確性が悪化する
  • 垂直方向のピッチを細かくしようとすると、高価になる、ECU処理工数が膨大になる
  • 測定した検知データを用いて、多様なLiDAR設置箇所や天候環境でどのような性能になるか評価したい

高速ニアフィールド配光測定システム
RHシリーズ

概要

LiDAR(レーザーレーダー)は自動運転システムに自動車の周辺環境の情報を引き渡す上で不可欠で、検知と測距の役割から先進自動運転システム(ADAS)を支えていますが、近年ではデザイン上の制約やコスト削減の要請などから小型化や簡素化が求められています。しかし、それにあたって検知精度との両立も課題となっております。

サイバネットはこれらの要求を満たす開発を促進するための各種光学ツールの拡充を進めております。 本資料では、その上でハードルになりがちな垂直方向のピッチを最適化するソリューションとして高速ニアフィールド配光測定とその測定サンプルデータを紹介いたします。

また、試作品などの測定データをLightToolsなどシミュレーションソフトと連携させることでより実態に近いデータを用いて様々な天候環境や周辺物体を設定したシミュレーションを行ったり、最適な設置箇所を検討するためのシミュレーションデータとしてご活用いただくことも可能です。ここではそうしたLightToolsの活用方法などについても紹介しております。

■関連資料リンク:
霧の影響による反射光遅延のシミュレーション可能性検討結果
LightToolsによってLiDARのTime of Flightの解析を天候影響を加味しながら実現できるかについて検証した資料です。

資料の構成

  • LiDARの小型化簡素化にあたって、垂直方向のピッチをいかに最適化するかが課題であること
  • それに対して高速ニアフィールド配光測定システムRHシリーズが提供する効果
  • 測定のサンプルデータ
  • 測定データとシミュレーションソフトLightToolsとの連携で可能になる「設計」「性能評価」「天候影響の確認」
使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools
高速ニアフィールド配光測定システムRHシリーズ

 

 


お問い合わせ