デジタルカメラレンズシステムでの迷光対策

現状の問題

結像系の設計において、迷光の解析は極めて重要です。しかしながら、迷光の原因の特定には経験が必要です。場合によっては、幾何光学的な考察だけでは扱えない波動的な影響まで考慮する必要があります。これは非常に複雑で手間の掛かる作業です。

使用ツール
光デバイス設計ソフトウェア RSoft
照明設計解析ソフトウェア LightTools
光学設計解析ソフトウェア CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ