光導波路設計最適化ソリューション 幾何と波動の境界に関する考察

本資料では、解析対象となる構造のサイズが波長に対してどの程度の大きさになった場合に電磁光学ベースの解析を用いる必要があるかを調べるために、三角形のサイズを小さくしていき、計算結果の変化を確認しています。

使用ツール
光デバイス設計ソフトウェア RSoft
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ