ハイブレーズ型反射回折格子を用いた近赤外線高分散分光器の開発

京都産業大学 池田 優二様

次世代30m望遠鏡に搭載する赤外線高分散分光器を実現するための基礎開発として、ハイブレーズ型回折格子を用いた分光器ユニットの開発を行っている。
それらの光学設計にCODE Vを用いることで、所望の光学性能が実現できることを確認し、設計に基づいた部品の製作を行った。
今後は、装置ユニットを完成させ実証実験を進める予定である。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ