近視矯正用中心穴あき後房型有水晶体眼内レンズの光学シミュレーション解析

北里大学 川守田 様

後房型有水晶体眼内レンズ(intraocular collamer lenses; ICL)(STAAR Surgical社)の房水循環不全による白内障を防ぐため2006年清水公也の発案で、中心穴あきICLが開発された。光学シミュレーションソフトを用いて、中心孔径が、光学特性に与える影響を調査した。具体的には、Hole size、軸外光、レンズ偏心・傾斜、眼軸であった。

キーワード: Hole ICL, 眼球光学,軸外入射光

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ