微細構造による散乱の波長特性を含めた解析手法

現状の問題
構造色に代表される材料表面に施された微細加工パターンの影響を光線追跡法を用いたマクロな構造で解析するためには実際にサンプルを作成して散乱データを測定する必要があり、時間と費用の問題がある。

使用ツール
光デバイス設計ソフトウェア RSoft
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ