Nodal Aberration Theory Applied to Freeform Surfaces
Nodal Aberration Theoryの自由曲面への応用

Kyle Fuerschbachf,1 Jannick P. Rolland1, and Kevin P. Thompson,2,1
1 The Institute of Optics, University of Rochester, 275 Hutchinson Road, Rochester, N.Y. 14627, USA
2 Synopsys Inc., 3 Graywood Lane, Pittsford, NY 14534, USA

光学系内の自由曲面によってもたらされる収差場をNodal Aberration Theoryを用いて調査します。さらに、収差を発生する望遠鏡を設計、制作し、この収差場を実験的に確かめます。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ