カメラレンズの迷光解析

迷光解析における課題

「良いレンズ設計」には、結像性能だけでなく、フレアやゴーストが無い(少ない)ことも求められます。しかし、それら"迷光"がどこを通ってきたのか、その経路を特定することが難しく、効果的な対策がなかなかできない、というのが多くの実情です。 また、試作後に迷光が判明した場合、工数増加や開発期間の延長、市場への製品投入遅延などの問題が発生する可能性があるため、試作の前段階から迷光解析が必要です。

迷光解析ソリューションの概要

光学設計解析ソフトウェアCODE Vにはゴーストを解析する機能やマクロが搭載されています。また、照明設計解析ソフトウェアLightToolsでは指定した条件の光線の収集・分析・可視化機能などを活かして、より詳細な迷光解析をおこなうことができます。 本資料では、これらのソフトウェアを組み合わせた解析機能の使用方法や具体例をご紹介しています。 レンズの実機試作の前になるべく迷光の発生を予測し、効果的な対策を施すことで、工数ロスを抑制でき、ひいては、開発スピード向上とコスト削減につながります。

資料サンプル

本資料をおすすめの方

  • カメラ設計で迷光の対策にお悩みの方
  • CODEVやLightToolsの迷光解析機能を詳しく知りたい方

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

本資料に関連する、おすすめ事例

カメラレンズの設計課題へのソリューション
カメラの迷光解析ソリューション 〜機構設計者向け〜
散乱/迷光解析の課題と照明解析ソフトウェアLightToolsを用いた解析例

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ