光ファイバ側面を光入出力インターフェースとして用いた光ファイバプローブ等の研究

早稲田大学 坪川様

細径の光ファイバプローブの周囲に分布する物体の位置及び分布状態の計測機能を評価するため、特殊形状の光ファイバに光源及び受光器を備えたプローブモデルを設計し、光源→光ファイバ側面→物体→光ファイバ側面→受光器と伝播する光パワー比率をLightToolsで光線追跡により計測した。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ