小型JASMINEの迷光解析

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台
JASMINE検討室 鹿島様
JASMINEは、日本の赤外線探査による位置天文衛生計画のことである。
位置天文学とは、星の位置と運動を正確に決める事を目的とする天文学であり、そうして求められた正確な星の地図は全天文学の基礎データとなる。天の川銀河の中心にあるバルジを近赤外で観測し、位置精度10μas(マイクロ秒角)を目指している。
これを実現可能なフードの形状や内面処理の特性を決めるためにLightToolsを用いて膨大な計算を行った。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ