大型低温重力波望遠鏡KAGRAに必要な迷光対策の研究

大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台 阿久津様

大型低温重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)は、我々が建設中の本格的な重力波検出器である。
重力波検出器を設計する上で課題となるのが雑音対策であるが、地面振動や熱雑音とならんで重要なものが、迷光による雑音である。
迷光対策の一環として、様々な種類のバッフルを設置する必要があり、バッフルおよびその配置の設計を行う目的でLightToolsを使用した。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ