Iterative Reflector Design Using a Cumulative Flux Compensation Approach
(累積光束補正手法を用いた反復リフレクター設計) (2010年)

William J. Cassarly
照明設計では望む照度分布となるように光学面形状のtailoring(服を仕立てるように)が必要です。シミュレーションソフトを利用すると現在の分布を正確に解析でき、さらに最適化により望む状態にモデルをtailoringすることが可能です。ここでは、今までのtailoring手法の問題点を述べ、それを回避する新しい手法を提案します。

使用ツール
照明設計解析ソフトウェア LightTools

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ