Optical Solution Conference 2008 講演資料 回折光学素子の動向と将来展望

日本女子大学 理学部 教授 小舘 香椎子 氏
マルチメディア情報社会の到来と共に、大容量データの伝達、処理、記録などの必要性が高まり、光の持つ特長を生かした光電子変換型および全光型のシステムに関する技術開発が進められている。これらのシステムに用いる光機能デバイスとして、光の回折現象を効果的に利用した小型・軽量・高効率な回折光学素子が注目されている。特に、最近のナノスケールの作製技術の実現により、サブ波長格子からMEMSまで広範な応用展開が進められている。
本講演では、回折光学素子の設計のための数値解析法、光機能デバイスとしての応用例と最近の動向を示し、その将来展望について述べる。

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ