光学性能を満足するメカ設計の公差検討(2011年度)

光学製品のメカ設計では、光学性能を確保するために部品の公差を厳しく設定するケースが数多く見られ、その結果、過剰品質に伴う生産コストの増加につながっています。この原因のひとつに、光学性能とメカ部品の寸法間の相関性が、経験に基づいて設計されている点が挙げられます。

本事例では、最適設計支援ツールOptimusを用いてCODE VとCETOL6σ(メカ設計公差解析ツール)を連携させ、要求する光学性能に適したメカ部品の公差設計プロセスについてご紹介致します。
※ 詳細資料をご希望の方は、CETOL事例ページからお申し込みください。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V
汎用型最適設計支援ツール Optimus
3次元公差マネジメントツール CETOL6σ

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ