CODE V を用いたズームレンズ設計 〜カム計算と特性解析〜 (2009年度)

株式会社タムロン 渡邊 様

ズームレンズは被写体の大きさや撮影範囲が連続的に変化(ズーミング)しますが、ズーム範囲を細かく分割してモデリング/最適化するわけではありません。離散的に設計したデータを補間して連続的なズームレンズとします。そのためには各稼動群の移動変化量を駆動させる曲線形状となるカム構造を設計する、カム計算、カム設計が必要になります。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ

[an error occurred while processing this directive]