CODE VとMATLABを使った防振レンズ設計例 (2006年度)

ズームレンズのフォーカシング動作と違って、光学補正式の防振レンズでは光学系内部でレンズが移動したときの画質変化を考慮する必要があります。この移動するレンズは手のぶれと完全に同期して動くわけではなく、タイムラグが発生します。動レンズの制御が画質向上の重要な要素になります。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ