ユーザー定義面を利用した一般二次曲面の表現 (2005年度)

サイバネットシステム 秋山
二次曲面には“特定の結像関係に対しては無収差”という特徴があります。そのため、偏心光学系で使用されることが多いです。ただし、偏心反射面は面配置の設計変更が困難であるという問題点があります。ここでは結像関係をパラメータにした面表現であるオフアキシャル二次曲面を利用したCODE Vの例を紹介します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ