シミュレーションソフトを用いた、スキャナ用レンズ設計事例 (2002年度)

富士ゼロックス 菊地様

カラー複写機の読み取り解像度600dpi化対応と、鉛・砒素フリー早期達成のため、レンズをシミュレーションソフトで自社設計した事例を紹介します。スキャナの黒文字再現不良を軽減させるため、MTFと倍率色収差をコントロールしながら設計を行いました。また、Simulation評価と実機評価の相関がとれたことを紹介します。

資料サンプル

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ