Approaching direct optimization of as-built lens performance (組み立て後のレンズ性能のダイレクト最適化手法) (2012) ※英文資料

James P. McGuire, Jr., Thomas G. Kuper
ここでは、公差による影響を加味したRMS波面誤差を使ったダイレクトなレンズ最適化手法を紹介します。評価関数に公差の影響を含めることにより、指定公差を考慮した組み立て後の性能を向上させたり、公差により鈍感なレンズの設計で製造コストを削減したりすることができます。この方法は公差解析の差分計算の速度に依存するため、コンピューター自体の計算速度向上とマルチコア計算処理を活用します。ここでは、Cookeのトリプレットレンズや2例の携帯電話用カメラレンズに適用した例を紹介します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ