An analytic expression for the field dependence of Zernike polynomials in rotationally symmetric optical systems (回転対称光学系におけるZernike多項式の画角依存に対する解析的な表現) (2012) ※英文資料

Robert W. Gray, Christina Dunn, Kevin P. Thompson, Jannick P. Rolland
Zernike多項式は、円形アパチャー光学面の製造後の特徴を定義する方法として適切なことは明らかです。また近年は、組み立てた光学系のアライメント後(アライメントの途中段階から、干渉法を使用したアライメント最終段階まで)の画角依存収差を表現する方法としても使われています。ここでは、アパチャーの影響によるZernike多項式係数の画角依存性について、H.H. Hopkinsの画角依存波面収差関数と関連付けて導入する方法を紹介します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ