Edge clustered fitting grids for φ-polynomial characterization of freeform optical surfaces (自由光学曲面のφ多項式特性のためのエッジクラスターフィッティンググリッド) (2011) ※英文資料

Ilhan Kaya, Kevin P. Thompson, Jannick P. Rolland
低速サーボ1点ダイアモンドターニング法(Slow-servo single-point diamond turning)の出現により、製造可能な回転対称面が増えました。ここでは、光学設計に有効でも、光学面の製造には都合の悪い、Zernike多項式による自由曲面表現の限界について紹介します。特に、φ多項式フィッティングを行うための自由曲面サンプリングに使用する光線グリッドの計算有用性に限界があることを示します。この限界を打開するため、エッジクラスターフィッティング格子を紹介します。これにより、エッジ部分の共鳴(ringing)を効率的に抑制し、フィッティングする多項式が面の非対称性を完全に網羅します。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ