Automatic determination of optimal aspheric placement (最適な非球面位置の自動決定) (2010年) ※英文資料

Thomas G. Kuper, John R. Rogers
レンズの特性を解析し、最適な解を得るためにはどの面を非球面にすべきか決定するツール(AsphereExpert)について紹介します。このツールをいくつかの設計課題に適用し、その結果を議論します。このツールはCODE V 10.3からマクロとして実装されています。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

光学に関するお悩みごとはありませんか?

サイバネットでは、光学受託設計・解析、システム開発、光学に関する教育・コンサルティングなど、幅広いサービスをご提供しております。
詳細はこちら!光学分野エンジニアリングサービス

 


お問い合わせ