Next-generation head-mounted display (次世代型ヘッドマウントディスプレイ) (2010年) ※英文資料

James P. McGuire
ヘッドマウントディスプレイ(HMD)は1980年代から軍用として様々な場面において活用されています。1990年代には一般市場にも広がりました。初期のHMDの多くは、"look-at"システムと呼ばれ、ユーザーが周囲の環境を見ることを妨げるという欠点がありました。これにより、デバイスの実用性は高くなく、安全面も問題でした。 この発表では40度の視野角を持つ新しいシースルー高解像度ディスプレイデバイスの光学設計について述べます。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ