Using Global Synthesis to find tolerance-insensitive design forms (GSを利用した公差に鈍感な設計タイプの探索) (2006年) ※英文資料

John R. Rogers
Global Synthesis(R)を利用して、公差に敏感でない設計タイプの探索方法を紹介します。いくつかの設計タイプ(設計値は同じで、公差に対応する摂動の発生程度が異なるタイプ)を同時に最適化することにより、摂動が与えられたタイプに鈍感になるような解を見つかったことを示します。Global Synthesisは様々な設計タイプを調査するのに便利なツールで、鈍感な解を得られるように定義した評価関数を使って設計空間を探索させました。

使用ツール
光学設計評価プログラム CODE V

※内容の詳細は、下記ボタンより資料ダウンロード頂けます。

その他のソリューション・事例一覧(検索)は、こちら

 


お問い合わせ